投稿

2月, 2017の投稿を表示しています

【ハーメルン】評価の一言必要文字数設定して投稿しなおした結果

イメージ
さて。諸君。

 先日のブログでハーメルンでは『評価の一言必要文字数』を設定した方が安心できると書いたと思う。

 ……すまんな。


『あれはウソだ』


 はい。実際に、投稿作を一度消して設定して再投稿しました。

 消した作品はお気に入り頂いていた方も150件を超えていたかと思いますし、ユニークアクセスも7話という少数話しかなく、一週間程度の投稿期間にも関わらず7,000を超えるユニークアクセスを頂いておりましたが、どうしても低評価爆撃が気になったので削除させて頂きました。

 もちろん再投稿に当たり、前の投稿とまったく同じ内容を投稿するのは、それまで登録いただいていたり、アクセスしてくれた方に申し訳ないので、全部見直して細かに修正を加えた形で再投稿させて頂いております。


 さて。

 私は当初『評価の一言必要文字数』を設定する事で、☆1という低評価爆撃を防ぎやすくなると考えていました。

 その理由は、☆1評価をする人は評価したことを非公開にし、匿名性を保てるからやっていると考えたからです。

 一言コメントを残す事で、筆者側からは誰が評価したのかを知る事が出来るようになりますし、評価に当たって必ず一言残す事になりますので、匿名性は保たれず評価を控えるのではないかと。



 ……違ったわ。


 全然、変わらず低評価してくるわ。

 『評価の一言必要文字数』意味ねーわ。

 でも、私はとりあえず前述のように一言コメントと誰が評価したかを知る事が出来ましたので、とりあえずソレを見ての感想をば。


 ……というか、一言コメント見てもらった方が早いので、画像貼っておきます。




 って感じ。
 一応評価者はモザイクをかけて処理しました。

 ちなみ私の作品は、2月21日の10時頃から投稿を始め、15時くらいまでに8話投稿しました。

 内容を読んで一理あると思う方もいらっしゃるかもしれませんが、私からしたら


 「あ……(察し)」


 と、感じるに十分な内容でした。

 文字列は単にスパム行為だからお察し。

 2番目や3番目は最初から荒探しをする気満々で、上げ足を取っている印象しか受けませんでした。


 根拠としては、作品削除前にも投稿一週間程度でしたが10件近くの感想を頂けていて、それなりに高評価と好感想を頂いておりました。
 その中で、描くキャラクターや掛け合いを褒めて頂ける事が多かったのです。
 『安心して見…

【ハーメルン】二次創作の場

すごいよハーメルン。 すごい!

 なんて記事を書いたくらい楽しんでいるので、気が付けば投稿文字数は5万文字を超えてました。
 投稿開始から一週間ですが、まぁそこそこ書いている方ではないでしょうか。

 さて、ぶっちゃけ検証みたいな事も、なろうでやったみたいに幾つかしてまして、そこから得た経験を持って、もしハーメルンで投稿するつもりの方がいたら、こうした方が良いと思うよ的な事を記しておこうと思います。では、

 ■ハーメルンは、オリジナルよりも二次創作。

 コレはもう本当に、その通り。
 初っ端からオリジナルを書いたとすれば「なんでここで書いてるの?」的な遠まわし感を感じることでしょう。

 もしそれでもオリジナルを書きたいと言うのであれば、何作か二次創作を書いた上で、自分の文体であったりキャラクターの描き方を好きだと思ってくれるお気に入りユーザーさんが出来てから書き始めるのをお勧めします。


 ■評価に対する予防を講じておく。

 ハーメルンは二次創作が中心になっている分、悪い点もあります。

 原作となる作品がある以上、その作品を気に入っているから読む人しかいません。
 ですので、キャラクターや話の展開によっては読者の怒りを買う可能性もありますので、あらすじなどであらかじめ傾向などを記したり、タグによる配慮、注意が必要です。

 さて、配慮をしても、俗にいう低評価爆撃という物に巻き込まれる危険はあります。
 コレはハーメルンの読者が作品を☆の数0~10で評価する事ができるシステムの☆1をつけまくられる行為の事を指しています。

 もちろん中にはきちんと読んで評価をしている方もいるのでしょうが、そういう方は『私が評価しました』と、分かり易く自分が評価した事を公開しています。

 ですが、大抵は誰が評価したのかわからない状態の『非公開』で評価をしていく者が多く、コレが書き手のやる気を奪います。

 と言うのも、ハーメルンでは作品を検索したりすると、情報に☆の平均値などが表示され、その評価の高さによって色分けされます。

 低評価をもらうということは著しく評価値を下げられてしまいますし、評価が低い作品は新規読者が『外れ』『地雷』と認識しやすく、読みに来てくれなくなります。

 この低評価爆撃は、同一の原作で二次創作している作者が、自分のを読んで欲しいが為に、目についた同原作の二次創作作品…

【ハーメルン】ランキングイン した~

どうも。今日も今日とて趣味の物書き。

 さて気晴らしにハーメルンにペンネームを変えて投稿しましたが、加点式の日間ランキングに入ってました。

 うわぁい。

 そしてユニークアクセス数に驚愕。
 二次創作の場であるという事や選んだ題材の巡り合わせもあると思いますが、ぶっちゃけ

小説家になろうより多いわ!


 反応や感想も多くて、なんというか……大変居心地がようございます。
 楽しくて仕方ない状態です。

 ハーメルン最高!

 ――――なんて事を書くと、ハーメルンにずっといる方は『おいバカやめろ!』と思うんでしょうな……
 本当にごめんなさい。

 なので、言い訳がわりに前に登録した時の話も書いておこうと思います。


ハーメルン=二次創作


 これはもう揺るぎない。

 私は断捨離で退会する前に、ハーメルンでオリジナル作品を投稿していましたが、やはりオリジナル作品に対しての反応は薄かったです。

 ですので、オリジナルや異世界転生ものは『小説家になろう』が良いのは間違いありません。
 読んでもらえる数の差は4~5倍程度はあったように思います。
 だから、その系を書く方は小説家になろうをお勧め。
 はい。絶対にお勧めです。

 特に異世界ハーレム俺tueeeアレtueee物は小説家になろうでどうぞ。
 絶対にハーメルンより良いですから!


 ……


 ふぅ。


 いや、もうね。ぶっちゃけた話、運営の質が違い過ぎてハーメルンの信頼度がスゴイんですわ。
 ああ。凄いです。

 運営対決なら圧倒的にハーメルン。


 なまじ小説家になろうの運営を中途半端に応援していた分、反動なのか運営が対応してくれているという事がわかる快感がパネェんです。

 『ロック』『注意』そしてその理由を公表し、悪即斬な対応がめちゃくちゃ気持ちがいい。
 なんというかソレを眺めるだけで脳汁がドバドバ出ちゃっているかもしれません。


 あくまでも個人的な印象ですが、小説家になろうを1年以上利用して思う事は、会員数の多さもあるんだろうけれど、運営サイドは『事なかれ主義』
 もちろんそれが良いと感じる事もあるけれど、逆に今は悪いユーザーを放置するというイメージが付きすぎている。

 なんせ、ジャンル詐欺、タグ詐欺、ランキング不正、あらゆる致命的な物まで放置していると感じているし、正直なところまっとうに利用するユーザーは、それを良しと思うはずも…

気と筆が乗らない時

更新する気にならず、筆を置きっぱなしでございます。
 更新する気にはならなくても、書きたくて仕方なくなる不思議。

 ――というわけでハーメルンに登録し、初めて二次創作という物に手を出して投稿してみたり。

 いやぁ……二次創作って楽。
 そして楽しいッスな。

 キャラクターについて文字でアレコレ説明しなくてもいい。
 これが凄いッスね。

 『このキャラクターはこういう事態の時はこう動くだろう』と自然に想像しちゃうくらい印象付けるのって、ゼロから書くと何万文字もいりますもんね……

 話を考えるのも本当に楽。
 ある種の『お人形さん遊び』に近い印象を抱きました。

 キャラクターの性格の説明が不要だから『行動指針』だけつければいいんですもんね。
 そのボールさえ投げ込めば、勝手にキャッチボールやドッジボールが始まるんだもの。
 キャラクター設定なんかもWEB上にまとめたられてたりするし、書く障害がでてきたりして悩んでも、すぐに参考が見つかる。
 楽ちん。
 この経験で分かった事は、自作小説を書く際も、キャラクターシートや世界観をしっかり作り込んで書きだしておけば楽。って事ですね。
 勉強になった。
 とりあえず欲求は解消できたし仕事でもしよっと。 あ。ペンネームは脈絡のない物に変えておりますし、何を書いてるかは内緒です。

【小説家になろう】一度退会した事の弊害

また登録して、同じペンネームで再開してしばらくが経ちました。
 投稿している作品も8万文字を超えてきたので、

 「書き始めたな~」感が出てきているようにも感じます。

 と、同時に


 一度『小説家になろう』を退会した弊害も、思わぬ所で出てきているのを感じております。

 ソレは何かというと


退会に対するハードルが極端に低くなる。


 という罠。

 少しでも自分が面倒臭いとか感じたり、やる気が削がれると、一度やめてしまっていることや、投稿している作品が少ないことから『もーいーや』と投げ出して、再び退会したくなるのです。

 基本的に書籍化を夢見ても、それが現実には起こり得ない事を理解しているので、あくまで『趣味の物書き』でしかない事。

 趣味だからこそ、自分が楽しめる事が前提で、嫌な思いはしたくない。

 だからイラっとする事があると、簡単にやめたくなる。
 まるで家庭の据え置き型のゲームと同じ状態かもしれないですね。

 楽しい内はガンガンプレイするけれど、面倒になったら積みゲーになる。

 そんな雰囲気。

 ……私はP5というゲームがやりたいが為にPS4も買ったんですが、結局クリアせずに積みゲーにしてしまってますのでお察し。
 いや、だって何かが琴線に触れた瞬間に唐突に面倒になるんです。
 こればかりは仕方ない(汗

 なんというか『買ったらやったつもりになって満足する系』みたいになっている気がします。


 今は、かろうじて再登録に当たり前のペンネームを採用したが故に、以前の自分を知っている人が見てくれているかもという希望が大きいので、投稿を続けている感じですが、別のペンネームで再開してたら、もう投げてた可能性があるのが怖いところ。


 ……というわけで


 安易な理由で退会すると、その後に変な逃げ癖がついてしまいますので、ご注意ください。


 私はとりあえず、やる気が出ない時は、しっかり仕事をすることにしませう。

【小説家になろう】日間ランキングについて

大分ブログの更新をしてませんでしたが、小説家になろうで投稿して、1月25日に日間ランキング入りしました。


 やったぁ!


 小説家になろうのランキングは日に3度更新されるのですが、午前の更新でランキングに入って、午後の更新で200位付近まで伸びて、そして



夜の更新でランキングから消えましたけどね。



 ――ワイ史上最速でのランキング消え。



 『ウ○コの力』 という狂ったタイトルでさえ数日ランキングに乗っていたというのに……

 コレが新規作者の作品数の少なさの影響なのだろうか……


 ……あと単純にウケない内容を書いているのは、その通りなので、その辺も絡んでいるとは思うのですが中々に渋いです。


 ただ何となくですが、ランキングを利用する人も、もしかしたら少なくなっているんじゃないかという気もしないでもなかったり。

 という理由は

 当日のランキング入りしたアクセス数。


 ユニークアクセスが395アクセス……


 もちろん、当時と現状が違うという事も理解しているつもりなのですが、うむむむむ……


 ……ランキングってもっと、こう……なんていうか、


ドーン!


 と来て


ガーン!


 なイメージがあったんだけどな……


 一時期の不正の多さで話題になったランキングのオカシさが利用者に浸透したのかなとも思いつつ、やっぱりウケに合う内容を描かないとダメかな? と少し思ったりもしたり。


 ……でもまぁ、昔に『ポイント欲しい症候群』は大分発症しすぎましたし、今はある程度切り離して考えられるようになったので、やんわりと書きたい物を描いていこうと思いますです。


 今日もまったりサボって書こうっと。