投稿

1月, 2017の投稿を表示しています

【小説家になろう】新規勢としての投稿

現在『小説家になろう』で投稿を再開しております。

 今時点で、投稿タイトルは分散するのは早いと思い直したので、


異世界商売 ~パソコンが異世界と繋がったから両世界で商売してみる バリアシオン~
http://ncode.syosetu.com/n2561dt/


 に、絞る形で投稿しております。

 今8話投稿し、文字数は29,269文字なので、1話あたり大体3,650文字。
 更新ペースとしては平日は更新するように頑張ってます。

 しかし新規アカウントなので、小説家になろうの投稿を始めて久しぶりに感じました。



…………読んでもらえない感。



 ……



……ゾクゾクしまする (*´д`*)



 そうでした。

 私が初めて小説家になろうに初めて投稿したのは、2016年になったかならないかくらいの時期だったんですが。

 その投稿し始めの頃を思い出しました。
 当時の心境はこんな感じでしたわ。




 (TωT) 読んでもらえへんっ!



 (┬┬_┬┬) 全っ然っ! 読んでもらえへんやんかーー!!




 ( TДT) 誰でもいいから……読んで……読んでクレメンス……



 …………



 そう。
 こんな感じでした。



 初めて2ポイント入った衝撃。

 20ポイントになった時の嬉しさ。

 100ポイント超えた時の感動。

 評価が入って一気にポイントが増えたりした時の動揺。

 1000ポイント超えたり、5000ポイント超えたりした時の、もうどうしたらいいかわからない感。



 なんというか今は……それをもっかい味わえるように頑張る感?



 ……ゾクゾクしゅりゅぅ  (*´д`*)



 とりあえず投稿から一週間。

 ようやく40ポイントになりましたが、『小説家になろう』は、やっぱり1話更新するとブクマして読んでくれる方は増えていく感じはします。

 自分の更新しやすい時間に更新しているので、読まれやすい時間帯を狙ってはいないのですが流石です。 これが人口の多さの力なんでしょうかね?

 話数が少ない内は読める文が少ないので、読んでくれている方に申し訳ない気もするので頑張って更新を続けて行こうと思います。


 あと名前を覚えてくれている人が居てくれたみたいで、かなり嬉しかったです。


 さて現在、アルファポリスと小説家になろうの2足のわらじ状態なので、どうしていくかを考えているのですが、アルファポリスは初期ブーストのお小遣…

【小説家になろう】再登録してみた

昨日ノってしまったので、そのまま小説家になろうに登録しました。


 うわぁ。

 やめて2ヶ月くらいで戻るって……うわぁ。


 ま、まぁ?

 アレですよ。
 当時はさっぱり全部やめてマッタリしようと思ってたのが、アルファポリスが削除に時間かかって残ってたからイジりだして、つい続けちゃった結果、やめられなかったって感じですし……ホラ。アレですよ。



 …………



 うん。楽しいからいいよね。


 ……いや、流石に更新途中でやめて消した作品がそこそこあったから……罪悪感スゲェですけど……うん。


 ……


 まぁ、一旦考えるのはやめよう。

 そうしよう。



 さて、昨日は『小説家になろう』に登録したついでに、ちらりと総合ランキングを覗いてみたのです。

 約1年前は、総合日間ランキング300位を狙う場合、24時間で70~80ポイントが必要でした。
 (80ポイント台が多かったような印象があります。)

 で、複数アカウントの規制だったかが行われたり、運営であるヒナプロジェクトから『相互不正すんなよ令』が出た時は、60ポイント付近に落ち込んだように思います。

 そして今。


300位のボーダーラインは70ポイント


 です。


 私が昔登録した当時よりはポイントが落ち着いているようには思えないでもないですが、規制がかかって不正している人達が様子見して不正を控えただろう時期に比べると……あれ?



 ……うん。



変わり無し。



 っと。


 きっと、『複数アカウント』は依然として健在。
 『相互評価』は地下に潜って活動中。
 その他、新たに『レビュー上げ』なるものが生まれているようですね。

 以前あった、1時間に3万アクセス増加ツールとかも、時を経てパワーアップしてるんだろうし、色々思ってしまいそうではありますが


 ……うんむ。


 混沌。



 書籍化という欲望や、書籍化作品を売る為に策略が渦巻く場所。


これぞ小説家になろう!




 ……まぁ、私は



ソレはソレ



 と、横目に見ながら今回は純粋に『楽しむ為の場所』として利用させて頂きますです。

 もちろん書籍化してみたい欲はありますから、これからは楽しみながら賞にもチャレンジして行こうと思います。


 次、出版社が目をつけるのはなんだろうかな~。

 『異世界転生・転移』系はお腹いっぱいと言っても、もともとよくあったパターンではあるし、純ファンタジー……でも、異世界の余波はまだ…

【アルファポリス】出版申請してみた……結果

はい。今日も今日とてブログ更新。

 以前の記事

 『【アルファポリス】出版申請してみた。』
http://fefuoufukopoxo.blogspot.jp/2016/12/blog-post_26.html

 で、書いた事なのですが、アルファポリスでは24hポイントが1,500ポイントを超えると『出版申請』ができ、書籍化の検討が行われます。

 これが気になったので 『やってみた』 のが前回の記事のお話。



 詳細は、2016/12/23に、

『パソコンが異世界と繋がったから両世界で商売してみる』

 というタイトルの完結済み作品を出版申請しました。


 ちなみに本日時点のデータは以下の通りです。

 お気に入り:581
 初回公開日時:2016.12.01 15:32
 更新日時:2016.12.08 16:09
 文字数(公開):529,757
 文字数(非公開):1,778
 24h.ポイント:319 pt (12,515位)
 週間ポイント:2,425 pt (834位)
 月間ポイント:19,567 pt (569位)
 年間ポイント:159,233 pt (510位)
 累計ポイント:145,833 pt (541位)


 ……非公開の文字は『アデリーの愛情クッキング』というタイトルのもので、申請時にポイントが足りず、ポイントの為に投稿したオマケです。
 余談的なバカ話なので、もう非公開にしてます。

 この作品は、毎時投稿の実験で12/1から1週間後の12/8まで1時間毎に1話投稿した作品でした。


 1時間毎の投稿設定……校閲……修正……しんどかったなぁ……


 …………


 で、そんな作品の出版申請の返答が、2017/1/13に届きました。



お祈りメールが



 ふむぅ……書籍化は甘くないぜ……



 一応内容を要約すると。


 検討したけど難しいッス。
 ウチじゃ出すのダメだけど他に出版してる会社もあるし、そっちで挑戦してみたらどうでしょうか?
 書籍化目指してガンバっ!


 って、感じ。




 ……


 うん! 分かった!
 検討してくれて有難うございました。



 じゃあ! ワイ
 他で頑張るよっ!(j皿j)



 なんかくやしいから、色々書籍化版で改良しようと思った案を活かした形のを『小説家になろう』で投稿する事にするよ。


 もっと現実に寄せたバージョンのヤツ。


 ……こんなキッカケで…

【アルファポリス】アルファポリスで書き続ける難しさ

『小説家になろう』でWEB小説の投稿を始めた私は今、アルファポリスで投稿し続ける難しさに直面しています。


 いや、別に投稿をし続ける事自体はかなり楽なんです。

 アルファポリスは次々と色々なキャンペーンなんかを打ちだし、それに乗っかって色々書きたくなるので、アルファポリスというサイトで、WEB小説を投稿を続けることは楽しい。


 私の言う 『投稿し続ける難しさ』 は


 一度始めた物語を、投稿し続ける難しさ。


 の事なのです。


 以前に、モチベーション(http://fefuoufukopoxo.blogspot.jp/2016/12/blog-post_17.html)というタイトルで投稿した内容と似てくるのですが、その記事では、感想と継続意欲の関連性について記しました。


 要約すると、アルファポリスは小説家になろうと比べると感想を貰いにくくてやる気でにくい。みたいな感じだったかと思います。

 アルファポリスで投稿を始めて2ヶ月が経ち、その他にも色々な事が見えてきましたので、似ている内容になりますが、また記します。


 さて、アルファポリスを利用している読者の方は、それなりの数の方が居て、これまで4つ程のWEB小説投稿サイトを試した中では、悪くない雰囲気で読んでもらえていると思います。

 書き手として、投稿すれば、かろうじて読んでもらえているような気はする。


 ただし、アルファポリスで読んでもらうには、

投稿初期に『HOTランキング』で、どれだけの読者にお気に入り登録してもらえるか。

 これに全てがかかっています。


 そして、後は継続投稿をして、お気に入り数を減らさない為に書き続ける。

 そう。増やす為ではなく、

減らさない為に書き続けるんです。


 書いても、書いても、HOTランキングや、ランキング上位から消えると

 お気に入りは、ほぼ確実に増えません。



 話は変わりますが、正月休みは会社も休みなので、勤務中にサボって暇を見つけて書くスタイルの私は、がっつりお正月を更新しないで休みました。


 …………ま~、たっぷり休んでから更新すると、お気に入り登録数の


減る事 減る事



 やる気も折れるわ。



 アルファポリスにおいて、継続のモチベーションを保つのに有効な物は、


読者の感想現金化可能なスコア24hポイントお気に入り数

 この4つがあります。


 感想は読者数から考えれば、実は小…

【アルファポリス】投稿インセンティブ 2017年1月確定

イメージ
今日も今日とてサボりながらブログ書き書き。

 さて、10日といえば、アルファポリスの投稿インセンティブの確定日です。

 と、いうわけで

 早速ドーン




 12月11日から1月10までのスコアは5,030ポイントでした。
 うん。やっぱり嬉しいですな。

 せっかくスコアが貯まったので、これから支払申請をしてみようと思います。


 初めてなので何気にワクワクしてます。

 『支払申請』

 をポチー。



 おおっ……

 なんか分かり易い。

 とりあえずアマゾンギフト券にします。
 どうせ漫画買うのに使うつもりなので。はい。




 ……



 あれっ?





 …………

あれっ!?


 なんか……


10口以上選べないんすけど?


 まぁ……いいか。

 支払申請ポチー。

 と、次は『パスワード確認』っと。

 これは見せられないよ!


 で? 次は




 おっと、支払先の登録がいるのね。
 はい。しますします。
 メールアドレスと、本名、住所の登録でした。
 これも見せられないよ!

    カタカタカタ ッターン!!


 って、登録したら、また口数選択に戻ったよ(汗
 はいはい。  リプレイリプレイ。

 で、『スコア利用規約』に同意……っと。ポチー。



 お?
 あれ?
 ……もういいの?

 かなり簡単なのね。
 で、登録したメールアドレス確認したらギフト券番号が届いてました。  そのギフト券番号をアマゾンで登録したら
1000円チャージされました。

 ……じんわり嬉しいです。

 一応、確定スコアの交換回数については、1日に5回まで申請可能との事で、つまり最高10口であれば、ギフトカードだと1日最高5,000円。
 他は1口が500円だったり1000円だったりするので、金額はもっと増えるみたいです。
 ただ、上限以上のスコアは翌日以降の申請が必要になるみたいですね。


 ……さ。あと4回やるかな。  どうしようかな。

 なにはともあれ。
 有難う。
 有難うアルファポリス!!

【アルファポリス】第10回恋愛小説大賞

はい。ブログは久しぶりの更新になります。
 正月休みも連休のせいで、まだ休みが続いているような錯覚を覚え無きにしもあらず。

 さて、物書き。


 アルファポリスで、

第10回恋愛小説大賞
http://www.alphapolis.co.jp/contPrize/1702/

 始まりました。


 かいつまんで説明しますと、アルファポリス内の小説投稿で、恋愛ジャンルに投稿した作品でエントリーすると

 ランキング上位100人に、総額100万円分のスコアプレゼント!

 という、ふとっぱら企画です。


 スコアは現金化が可能なので、実質賞金総額100万円 と思っても大差ないと思います。


 まぁ総額100万円なので、

 1位、15万
 2位、10万
 3位、5万
 4~10位、3万
 11~30位、1万
 有象無象 残金割り


 とか、そんな感じだと思いますけれど、


 でもまぁ狙ってみたくはなりますわ!


 条件は一応あり、エントリー時点から期間中に新たに5万文字を追加することが参加条件となっています。

 一ヶ月内で5万文字ですから。まぁ簡単に参加できますね。


 というわけで以前。

 【ネタ帳】 『鬼女転生 ~蝶よ華よと育った私が鬼ですか!?~』
http://fefuoufukopoxo.blogspot.jp/2016/12/blog-post_20.html

 で書いていたネタを、どうにかいじって参加しようと思っていたところ、


絶世の鬼女


 というタイトルが急に降ってきましてん。

 『絶世の美女』をもじったものですが、響きがズキュンときまして


これだっ!


 と、勢いに任せて書き始めて参加しました。


『絶世の鬼女』
http://www.alphapolis.co.jp/content/cover/208093046/


 よろしくお願いします。



 一応ジャンルは恋愛なんですが、WEB小説の恋愛ジャンルって、ある程度パターンかされていて、悪役令嬢か、ざまぁか、ドロドロかって感じだと思うんです。


 でも、もうパターンになっている話を書くのも面白くないし、

 恋愛ジャンル=女性向け

 ってイメージが染みついているので、


 もっと男女どっちも楽しめるようなファンタジーに寄せた恋愛があってもいいじゃない。

 と、ソッチに寄せました。

 主人公sugeeeになりながらも、sugeeeしてくるのが恋愛対象外…