投稿

11月, 2016の投稿を表示しています

WEB小説とは

小説家になろうで投稿を続けて退会し、そして今アルファポリスで投稿をしていて、ふと思いました。

 WEB小説は、WEB小説というジャンルなのだ。

 と。

 思ったキッカケは『ウケる』作品が類似していると感じたこと。
 小説家になろうもアルファポリスも、

 『転移・転生俺tueee系ファンタジー』

 そして

 『ざまぁ系恋愛』

 が、評価のほとんどを集めると感じています。

 まだ、他の小説投稿サイトのエブリスタだとかは触れていないのですが、とりあえずこの2サイトは似た傾向にあると投稿して判断しました。

 このことから『WEB小説』というジャンルとして、好まれる傾向があるのではないかと思うに至ったワケでございます。


 『WEB小説』

 コレを、改めて考えてみると。

 □ インターネット接続環境があれば読める。
 □ 無料。
 □ 作者は素人。

 もちろん、中には有料の物やプロが投稿している物もあると思う。
 ただプロというのは、どこからがプロなのだろう?

 『小説家』自体は、自分が自信を持って名乗れればそれで『小説家』だと思う。

 だが、プロとアマの差は?
 書籍化したらプロなのだろうか?
 いや違う。それだと自費出版ですらプロとなってしまう。

 一社会人の立場から、様々な道のプロとお話をしたことがあるので、私の考える『プロ』そして『小説家』とは、

 副業無し。
 書き物だけで生活している人の事。

 人生をかけて物を描いている人。


 それがプロだと思うし、小説家だと思う。


 そして『プロ』は自分の労力に対して、対価を求める。
 だから本来は『WEB小説』という無料で提供できるようなジャンルには降りて来ない。


 ………


 というのは偏見でしょうかね。

 プロも左うちわのプロから、野生のプロまで幅広い人達がいますから、中にはファン獲得や作品の宣伝の為にWEB小説を書くプロも少なくは無いと思います。

 かくいう私はタイトルにもある通り『趣味』。
 アマチュアであり、プロになりたいとは思わない。

 『趣味を仕事にしたら幸せ』

 こんな言葉を聞いたことがあるが、趣味を仕事にしたら、それは趣味ではなく仕事になってしまうと思う。
 そして私は仕事となった途端に『働きたくない。働きたくないでござる』となってしまうタイプだ。

 趣味はあくまで趣味。
 だからこそ趣味たりえる。
 仕事に…

思いつくまま書き綴り

あ~~……ファンタジーが書きたくて仕方ない。

アルファポリスで投稿を始めたと書いたのですが、今現在は過去に小説家になろうで投稿し完結した作品を投稿しています。

 なので新規に新しい作品を投稿しているワケではありません。

 個人的に思い入れが大きくて好きな作品だったので、どうせなら投稿しておきたいという気持ちで連投しているのですが……いかんせんまったくの無知状態で書いた作品なので、修正点が多い多い……

 後、ルビの振り方の違いもあるので、それを合わせるのが意外と面倒です。


 ちなみに今書きたい作品は、やはり……ファンタジーなんですよね……

 小説家になろうに染まりすぎた感があります。


 でも、現実を忘れて書くには楽しいんです。はい。

 ちなみに思いついたのは、


 『GGP』


 ちょい前に流行ったアレ的な(笑)
 ネタから入る的な発想はストレス解消になります。ほんと。

 あらすじ的には、
 --*--
 ある日少年が神様からペンを授かる。  そのペンは書いてよし、煮て良し、焼いてよし、刺してよし。  そんな素敵なペンだった。
 だが、そのペンの最も恐るべき特徴は、モノに名前を書くと 『力』 が備わるという能力がある事。
 少年は自分のビニール傘に『イージスの盾』  30cm物差しに『エクスカリバー』
 と名前を書いた。
 ビニール傘と、30cm物差しは姿はそのままなれど、伝説級の武具の力を持つ事になるのだった。
 --少年と偉大なる神のペン(great god pen) は、どんな物語を描き出していくのだろうか。
 --*--
 的な。
 ……
 ネタ臭しかしない。
 うん。 なんか10文字で終わりそうな物語になりそう。
 まぁ。飽きたら書こう。
 思いついたネタを書いて、書きたいストレス発散中です。

WEB小説の書籍化について考える。

まったく知識が無い状態から『小説家になろう』で投稿を始め、気が付けば約1年間程書き続けていました。

 そしてそこそこ反応が貰えるようになり、頭を過るのは

 『書籍化』

 という邪念。


 WEB小説の書籍化は、ケータイ小説から始まり、今は『小説家になろう発』が看板になっていると思います。

 その『小説家になろう』で投稿し、そこそこに読んで頂けるようになった自分は考えてしまいました。

 ええ。


 ……うへへへ。
 書籍化。

 ワンチャンあるんね~か?

 と。

 その感情にあるのは、もちろん  『多くの人に読んでもらいたい』  という思い。


 ……
 ……正しくは。

 俺の承認欲求。  名誉欲を満たす為に『多くの人に読んでもらいたい』。



 ……いやぁ~。思い上がりも甚だしい。

 たかがWEB小説サイトで、ほんのちょっとだけ読んでもらえるようになっただけのペーペーがですよ。
 10,000ポイントも評価されたことのない未熟者が。です。


 あ~。
 こりゃアカンわ。

 そう思ったのも退会のキッカケの一つではありました。


 ***


 そもそもの話として本当に私見ですが、WEB小説の書籍化は既に下火になっている。
 そう感じています。

 まず第一に少しだけ見て、全部のデータを洗ったワケではありませんが、

『売れていない』

 そして

『書籍化作家と編集者のトラブルが多い』

 この根拠は又聞きやネット情報ではありますが、出版社側の常識が世間の常識と離れている感があるのが大きな原因のようです。

 個人的には郷に入っては郷に従えという考えも必要だとは思っています。

 なんせその職業ごとに色々ありますから。はい(遠い目)


 ……そういった事もあり、今の 『小説家になろう発の書籍化』 は、既に編集とやり取りをしているプロ作家が 『小説家になろう発』 の看板をつける為だけに投稿している出来レースがほとんどなんじゃないかと。

 つまり、何が言いたいかというと、

 本当に新規の吸い上げでの書籍化は、異常に面白い作品じゃない限り有り得ない。

 そう考えると、自分の作品はどうだろうか。
 とてもじゃないが異常に面白いかと言われると……それは無い。
 断言できる。

 評価するなら、

 ありきたりで、流し見に読む程度がちょうどいい。

 なんの変哲もないWEB小説だ。


 ……そう思うと、小説家になろうでの投…

なんてこった!

ぐはぁ……。

退会したと思ってたアルファポリスのデータが生きていたので、折角だからいじってみました。
そしたら結構サイトの作りが面白かったんで、なろうで投稿して完結済みの作品を投稿をしてみたんす。

したら、ランキング48位?
ホットは7位?

とかに入ったので、さらに調子にのって

完結済み作品を、改稿しては投稿。

完結済み作品を、改稿しては投稿。

ええ。頑張ってしまいました。



そして、今さっき。
16話目を改稿し終わって、投稿ボタン押したら

『セッションタイムアウト』

だって(汗)

「おおおおおい。」

ってなってログインしようとしたら、ログインできないでやんの。


……今更退会申請が通ったんかい(泣)


わしゃあてっきりwebコンテンツ大賞に応募した関係で退会できんのかと思って安心して投稿してたのに………くぅぅぅ。

イッツ ア 無駄改稿。

ダメージデカイッス。

色々スッキリ。

昨日、とうとう約一年続いた『小説家になろう』を退会しました。

 断捨離のノリで退会したけれど、まったくの初心者から始め、ランカー、マイナーメジャーの評価を貰えた事には非常に満足しております。

 いやぁ……色々ありました。

 不正相互評価エッセイ書いたら打ち上げられたり、新設された純文学ジャンルの年間ランキングの1、2位をとってみたり、悪いことも良いこともありました。

 離れてみると、コレはコレでいい思い出です。はい。
 イラストとか色々お願いしたのも面白い経験でした。

 楽しかったなぁ。


 ……こうして完全に離れてみると、不思議と一線を引いた感が出てくるもので

 『小説家になろう

 というサイトは、また特別な世界観の場所だったな。とも感じます。

 そして、あのまま書き続けていると、自分の場合は別の意味で視野が狭まっていたかもしれないとも感じています。


 --小説家になろうは作品を読んでくれる人が多い。

 スゴイ事です。
 本当にスゴイ。

 これは小説での表現を学ぶ事や、腕を磨く為にはとても重要な事です。
 ただ黙々と書き続けるだけでは本当にそれが良いも悪いもわかりませんし、誰かの意見を聞けることは大きい。

 それに書いた作品に対しての反応があると、書き続けるモチベーションを保つ事もできます。
 読んでくれる人がいるからこそ書ける。

 別のサイトで投稿した時、本当に読んでもらえなくて、投稿する事自体が嫌になりました。
 やはり書いた作品を読んでくれる『読者』がいる事は重要です。


 ……ただ、それ故に『小説家になろうの読者層に対して好まれる傾向』を書き始めてしまう。

 そしてソレを実行すると、やはり一定の評価を得てしまうのです。

 『評価を得て、何か不都合があるのか? いい事じゃないか。』

 そう思われるかもしれませんが、一定の評価を得てしまうと、次に違う傾向を書く事が心情的に難しくなってしまうという弊害が生まれるのです。

 最初は気にせずに違うジャンル、自分が書きたいジャンルを書きます。

 でも、その作品は評価されない。感想も無い。

 ジャンルが読者層にあっている作品を書いたら、短い文章でも80ポイントくらい評価され、次にはそれが倍、さらに倍と評価されていったのに、50ポイントが遠い。

 (小説家になろうでは『評価ポイント』という物があり、ブックマーク登録される…